賃貸の隣人トラブル

賃貸の隣人トラブルについて

賃貸物件での隣室とのトラブル

賃貸物件では、両隣の壁の向こうには見知らぬ人が住んでいることになり、騒音によるトラブルも多いものです。うるさい音に我慢し続けていれば後から大きなトラブルになるということもあるので、自分自身も注意するとともにコミュニケーションを取っておくということも重要です。引っ越しをした時の挨拶は、単身世帯の賃貸物件になれば行わないという人も多いものですが、隣室だけでも顔を出して挨拶をしておけば後から何かあった時にも安心です。とくに、夜勤などで生活サイクルが普通の人とはずれているという人になれば、一言添えておくといいでしょう。

賃貸でよくあるトラブル

賃貸でよくあるトラブルについては、あらかじめ知っておくことで、回避できることがあります。よくあるのが、1年以内に退去をしたときに、1か月分~2か月分くらいの違約金がとられてしまうということです。これは、契約のときに確認をしておくことで、回避ができる問題です。入居のときにクリーニング代をとられたのに、退去のときにもクリーニング代がかかってきたということもあります。これも、契約にあった場合には、仕方がありません。入居のときには、早く部屋を確保したいために、きちんと確認しないことも多いですが、契約内容をきちんと確認することで、賃貸トラブルを回避できます。

賃貸のトラブルについて

新着情報

↑PAGE TOP